にきびの種類にはどんなにきびがあるか

にきびの種類にはどんなにきびがあるか

にきびと一言でいっても、実はにきびにはいろいろな種類があります。ここではにきびの種類について簡単に紹介したいと思います。

まず、にきびはどうやってできるのでしょうか。にきびは毛穴に角栓などが詰まって、毛穴がふさがれることから始まります。毛穴がふさがってしまうとどうなるのでしょうか。

皮脂は脂肪分ですが、これは毛穴から分泌されます。この皮脂は、普通なら皮膚にでてゆくのですが、毛穴がつまっていると出ることができずにたまってしまいます。このとき、皮膚が盛り上がって白くなった状態を「白にきび」と言い、にきびの種類のひとつです。

白にきびの中の脂肪分が酸化するなどして色が濃くなってくることがありますが、この時、皮膚は少し黒く見えるため「黒にきび」といい、これもニキビの種類のひとつです。

白にきびや黒にきびの状態は、単純に脂肪分がたまっているだけですので、まだまだ治療は簡単なのです。しかしながら、この状態をつづけていくとどうなるでしょうか。出口を失った皮脂はどんどん毛穴にたまって行き、非常に不衛生な状態になってしまいます。

このような不衛生な状態ではバクテリアが繁殖しやすくなります。皮脂とは、脂肪分ですから、バクテリアにとってはエサになるのです。バクテリアが繁殖すると、やがて炎症がおこります。炎症が起こった状態は赤く見えますから、これを赤にきびといいます。この種類のにきびになると、痛みがあります。

さらに赤にきびをそのままの状態にしておくと、炎症が進んで化膿してしまいます。化膿すると黄色い膿がたまりますが、これを黄にきびといいます。この種類のにきびになってしまうと、化膿した状態がまわりの細胞にダメージを与えてしまい、皮膚がでこぼこになるクレーターというものができてしまう可能性が高まります。

このように、にきびにはいろいろな種類がありますが、これらは同じにきびの進行の度合いを指すことが多く、どこで対処をするかということで変わってきます。

つまり、にきびは初期の段階できちんと治療することができれば、どんな種類のにきびであっても、予防することができるものなのです。ですから、白にきびや黒にきびだからといってそのままにせず、きちんと対処するようにしましょう。

セルライト脂肪手術